割り切り

バツイチのヨシコさんと割り切りで会った。
髪にメッシュを入れたおしゃれな印象のヨシコさんは、僕よりも8つ年下。20代の頃に結婚して、30代で別れたと言う。
今は、昼は近所のコンビニでバイトをしていて、夜はこうして割り切りでお小遣い稼ぎをしている。
「当時から、旦那に隠して割り切りはやっていたの」
1回戦を終えた後、ヨシコさんはベッドの上で胡坐をかくと、テーブルから取った灰皿を股間に置いて、煙草に火をつけた。
ただし、旦那に隠れて割り切りをやる背徳感はなかったそうだ。
「ぶっちゃけ下手だったんだよね。私に子供ができなかったのは、旦那が下手くそだったからと思いたい」
そう言って、ヨシコさんはあっけらかんと笑った。
違う男に抱かれることで、自分の中の女性の欲求を満足させていたらしい。そして、その習慣は、独身となった今でも続いている。
「もう結婚する気はないなあ」
と、ヨシコさんが紫煙を上げながら語ってくれた。
「独り暮らしに馴れちゃうともう抜け出せないね。私、女だけど、心根は男なのかもしれない」
LINEでわりきり
僕はあおむけに寝転がりながら、そう語るヨシコさんのきれいな背中を見ていた。
貯金が減ってくると、趣味と実益を兼ねて、割り切りで男と寝る。懐も股間もそれで満足するそうだ。
ヨシコさんは、首だけこちらに向けて僕の顔を横目で見た。その目がちょっと寂しそうに見えた。
寂しい女のきれいな背中を見て、僕のモノが再びせせり立つ様を感じていた。
口ではそんなことを言っていても、やはり男にすがりたくなる時があるのではないか。彼女が割り切りを続けているのは、性欲やお金のためだけではない気がする。
独りで船に乗って人生という大海を愛で漕ぐ女にも、寂しくなる瞬間がある。僕は、寂しい女の一夜限りの波止場。
そんな演歌みたいなことを考えながら、僕はヨシコさんが煙草を吸い終えると同時に背後から抱きしめた。
そして、ヨシコさんも僕のいきり立ちに気付いたらしく、そっと手で握ってくれた。
僕は、彼女に体を重ねながら、なぜ旦那と離婚したのか聞いてみた。
すると、彼女はあっさりと答えた。
「女子高生と割り切りしてやがったから」
お金が欲しい
愛人契約

パパ活

仕事が楽しくないし、お金も欲しいし、私は今はやりのパパ活をすることにした。
パパ活サイトに登録して、メッセージをくれたおじさんとお食事。
流石、歳がいってるだけあって、お金持ってるから、プレゼントとか食事にかなりいいもんくれる。
ちなみに、今私が定期的に会うパパが3人ほどいるけど、今日は新規のおじさんに会いに行く。
金払いのいいおじさんだといいんだけど。
待ち合わせ場所には、清潔感のある高そうなスーツの紳士が立っていた。
うん、とりあえずは合格点。
紳士はとりあえず食事に行こうと言って、私を少し高めのうなぎのお店に連れて行ってくれた。
若い子=フレンチじゃないあたりが結構好感触だ。
食事が終わると、お買い物に連れて行ってくれる。
欲しいものは買っていいよだって。
買い物もしつくしたら、紳士の家で珈琲でもとなった。
私はお家も見たかったし、ついていった。
神待ち掲示板での体験を活かして泊めた女性とセックスしています
お家に入ってソファに座ると、紳士は優雅なしぐさで私の顎を持ち上げるとそっと口づけをした。
この紳士なおじさんよく見るとかなりイケメン。
おじさんの歳の所為かキスをされるまで、そこに目がいっていなかった自分に驚いた。
おじさんは慣れた手つきで私をソファに寝かせる。
あっ私おじさんいけるかも。
若い男にはない、穏やかな色気が醸し出されていて、私をぞくりとさせた。
今まで、パパ活で身体の関係はキスまでだったけど、今日は流されちゃいそう。
そう思いながら、私はおじさんの身体をゆっくりと受け入れることにした。
全てが終わって、身なりを整えると、おじさんは「若い子にこんなに良くしてもらって若返れたかな」なんて笑いながら言った。
その笑顔にまたきゅんとしてしまって、私の中にパパ活以上の何かが始まっちゃった気がする。
神待ち
神待ち

神待ち掲示板

泊まるところが欲しいときは、神待ち掲示板がとっても便利。神待ち掲示板を知るまでは色々な人に連絡をしていたけど、それでも泊まるところが見つからなくて・・・寒くて外では寝られない時期は、夜の繁華街でおじさんに声をかけてホテルに連れて行ってもらったりしました。でもそれも毎回成功するわけじゃないし、ご飯を食べさせてくれない男もいて、嫌な思いもいっぱいあって。

神待ち掲示板では女の子の年齢が重要視されているみたい。あとは人妻とか学生も人気がありそう。私本当は20歳超えちゃっているけど、童顔ということもあって神待ち掲示板では19歳ってサバ読みしています。でも19歳って言うと、びっくりするくらい男から連絡が来るからやめられなくなっちゃって・・・毎晩神待ち掲示板で知り合った男にご飯とか泊まるところを提供してもらっています。
神待ち

週に一回はご飯とホテルを提供してくれる40代の男とも神待ち掲示板で知り合いました。その男は結婚もしているようだけど、私は細かいことは気にしない。私にも男にもそれなりの事情があるだろうし、お互いに利害が一致しているなら問題ないと思っています。その男はホテルに行っても、毎回体を求めてくるわけでもなく、月に一回やるかやらないかくらい。それでも私に添い寝してもらうのが好きみたいで、いつもホテルのシングルベッドでぴったりくっついて寝ています。

神待ち掲示板で知り合う男は、女を助けて優越感も感じているみたい。だから私もいつも男のことをいっぱい褒めて、気持ちよくなってもらえるように努力します。私も若いうちはしばらくこの生活を続けるのも悪くないと思うし、助けてくれる男がいる間は神待ち掲示板を利用します。
家出掲示板
泊め男