カテゴリー別アーカイブ: 誘惑

クリ調教

私、一時期お笑いスクールみたいなところに行ってたことがあるのね。
で、一応、スクールだからコントとかネタを披露するっていう時が年に何回かあるわけ。
今でも思い出して、微妙な気持ちになるんだけど・・・
男子の二人組がその時にやったネタ。
「クリ調教」をいちいち、「LOVE注入」みたいな言いまわしにして、ネタ作ってた(笑)
クリ調教するときのあるあるネタで、区切りのようにLOVE注入、じゃなくて「クリ調教」って一言入れるんだけど。。。
正直、女子は引いてました。
私も含めて、そのネタどうよ?って雰囲気になってるのに、講師の先生はバカ受けしてた。
もともと、その講師の先生さ、下ネタに対する笑いの沸点が低かったんだよ。
他の講師の先生は下ネタに頼るとキツイから手を出すなって忠告してたけど、その先生だけは下ネタ大歓迎だったね。
クリ拷問
一定数の需要はあるよ?下ネタも。
だけど、下ネタって、男しか面白くないネタとか女しか面白くないネタって分かれちゃう。
万人受けする笑いなんかないけどさ、人口の半分を不愉快にする可能性のあるネタならやらない方が無難だよね。
その「クリ調教」のネタがちょっとウケたもんだから、その次の発表会の時にグレードアップさせたネタを持ってきて、だんだん女子も引いてきて・・・。
結局、その二人も「クリ調教」ネタでコケたためか、コンビ組むの解消してたしね。
私生活でどういうクリ調教してるかなんて話、ネタ発表会でするようなことじゃないでしょ、さすがに。
プチ援
割り切り

割り切り

バツイチのヨシコさんと割り切りで会った。
髪にメッシュを入れたおしゃれな印象のヨシコさんは、僕よりも8つ年下。20代の頃に結婚して、30代で別れたと言う。
今は、昼は近所のコンビニでバイトをしていて、夜はこうして割り切りでお小遣い稼ぎをしている。
「当時から、旦那に隠して割り切りはやっていたの」
1回戦を終えた後、ヨシコさんはベッドの上で胡坐をかくと、テーブルから取った灰皿を股間に置いて、煙草に火をつけた。
ただし、旦那に隠れて割り切りをやる背徳感はなかったそうだ。
「ぶっちゃけ下手だったんだよね。私に子供ができなかったのは、旦那が下手くそだったからと思いたい」
そう言って、ヨシコさんはあっけらかんと笑った。
違う男に抱かれることで、自分の中の女性の欲求を満足させていたらしい。そして、その習慣は、独身となった今でも続いている。
「もう結婚する気はないなあ」
と、ヨシコさんが紫煙を上げながら語ってくれた。
「独り暮らしに馴れちゃうともう抜け出せないね。私、女だけど、心根は男なのかもしれない」
LINEでわりきり
僕はあおむけに寝転がりながら、そう語るヨシコさんのきれいな背中を見ていた。
貯金が減ってくると、趣味と実益を兼ねて、割り切りで男と寝る。懐も股間もそれで満足するそうだ。
ヨシコさんは、首だけこちらに向けて僕の顔を横目で見た。その目がちょっと寂しそうに見えた。
寂しい女のきれいな背中を見て、僕のモノが再びせせり立つ様を感じていた。
口ではそんなことを言っていても、やはり男にすがりたくなる時があるのではないか。彼女が割り切りを続けているのは、性欲やお金のためだけではない気がする。
独りで船に乗って人生という大海を愛で漕ぐ女にも、寂しくなる瞬間がある。僕は、寂しい女の一夜限りの波止場。
そんな演歌みたいなことを考えながら、僕はヨシコさんが煙草を吸い終えると同時に背後から抱きしめた。
そして、ヨシコさんも僕のいきり立ちに気付いたらしく、そっと手で握ってくれた。
僕は、彼女に体を重ねながら、なぜ旦那と離婚したのか聞いてみた。
すると、彼女はあっさりと答えた。
「女子高生と割り切りしてやがったから」
お金が欲しい
愛人契約

パパ活

仕事が楽しくないし、お金も欲しいし、私は今はやりのパパ活をすることにした。
パパ活サイトに登録して、メッセージをくれたおじさんとお食事。
流石、歳がいってるだけあって、お金持ってるから、プレゼントとか食事にかなりいいもんくれる。
ちなみに、今私が定期的に会うパパが3人ほどいるけど、今日は新規のおじさんに会いに行く。
金払いのいいおじさんだといいんだけど。
待ち合わせ場所には、清潔感のある高そうなスーツの紳士が立っていた。
うん、とりあえずは合格点。
紳士はとりあえず食事に行こうと言って、私を少し高めのうなぎのお店に連れて行ってくれた。
若い子=フレンチじゃないあたりが結構好感触だ。
食事が終わると、お買い物に連れて行ってくれる。
欲しいものは買っていいよだって。
買い物もしつくしたら、紳士の家で珈琲でもとなった。
私はお家も見たかったし、ついていった。
神待ち掲示板での体験を活かして泊めた女性とセックスしています
お家に入ってソファに座ると、紳士は優雅なしぐさで私の顎を持ち上げるとそっと口づけをした。
この紳士なおじさんよく見るとかなりイケメン。
おじさんの歳の所為かキスをされるまで、そこに目がいっていなかった自分に驚いた。
おじさんは慣れた手つきで私をソファに寝かせる。
あっ私おじさんいけるかも。
若い男にはない、穏やかな色気が醸し出されていて、私をぞくりとさせた。
今まで、パパ活で身体の関係はキスまでだったけど、今日は流されちゃいそう。
そう思いながら、私はおじさんの身体をゆっくりと受け入れることにした。
全てが終わって、身なりを整えると、おじさんは「若い子にこんなに良くしてもらって若返れたかな」なんて笑いながら言った。
その笑顔にまたきゅんとしてしまって、私の中にパパ活以上の何かが始まっちゃった気がする。
神待ち
神待ち