月別アーカイブ: 2019年5月

乳首イキ

 今の彼氏は、会社の先輩社員です。
彼氏は趣味でキャンプをやっているのですが、私も彼に影響されて、キャンプを楽しむようになっています。
まさか、キャンプ場であんなエロいことになるなんて…。

 オフシーズンのキャンプ場と言うと、本当に閑散としています。
オンシーズンだと、足の踏み場もないほどという雰囲気で、人間が集まってくるのですが、こと平日は全くお客さんがいないパターンもありです。
あることから、平日にお休みを取ることになり、のんびりと彼氏とキャンプに出かけて行くことになりました。

 さすがに静かなキャンプ場っていうのは、独特の雰囲気。
開放感も味わえるし、独り占めした気分で、とても良い心地でした。
テントを張って、巻きを割って、たき火の用意もして、食事の用意もして、やることもすべて整って休憩。
彼は陽が明るいのにビールを片手に御機嫌でした。
乳首イキ
暑くなりかけた時期で、私も薄着。
すると彼、タンクトップの脇の方から手を入れてきて、オッパイを触りだしちゃうんです。
「ちょっと、こんなところで何するの」
「いいじゃない、誰もいないんだしさ」
「だけど、恥ずかしいよ」
「そんなの気にしない」
彼はオッパイを揉むのをやめてくれないんです。
当然乳首は勃起して硬くなっていきました。
コリコリ乳首を、彼は指で楽しそうにいじり続けてくるんです。
それと、小さく切った薪を使って、タンクトップの上から、勃起した乳首を刺激してきたりして。
こんな場所でって言うのと、こんな道具でっていうので、やたら興奮しちゃった私。
乳首イキのような感覚を味わっていたんです。
すると彼「乳首イキしたのか?凄い敏感なエロ肉体だな」と、言います。
彼のズボンも盛り上がっていて勃起しているのが分りました。
乳首イキがよほどの興奮材料だったのか、彼はそそくさとテントの中に私を誘い入れました。
誰もいないキャンプ場とはいえ、昼間からテントの中で彼のオチンチンを受け入れて感じてしまう私。
声を我慢するのが、とても大変でした。
乳房責め
クリトリス責め